次世代を担う若者を呼び込む

 次世代を担う若者を呼び込みます。

 

 都会で生活する若者の6割は、農業に興味を持っていると言われます。

 また、田舎暮らしに憧れる若者も多くいます。

 そんな人たちに森町を知ってもらい、森町に住んでもらうように、県と連携して空き家や移住に関する情報を提供し、人の誘致に努めます。

 そして、移住を希望する若者や、森町で住宅を所有して定住する若者への経済的な支援を検討します。

 

 空き家や空き店舗を貸店舗やレンタルオフィスとして提供し、若い起業家を支援します。

 

 内陸フロンティアの取り組みで企業を誘致し、働く場を確保し、若者の定住を進めます。

 

 

 森っ子出産祝い金を継続し、子どもを持ちたいと希望する家庭が子どもを持てるように応援します。

 

 小規模保育所を増設したり、保育園の定員を増やしたりすることで、待機児童ゼロを継続します。

 保育園は民間経営なので、定員を増やすための設備投資に対し、行政ができる支援をし、経営を応援します。

 

 子育て中の世帯に対し、悩み事を相談できるカウンセリング体制を整えるなど、精神的な支援を充実させます。

 

 一人親家庭への経済的、精神的支援を充実させ、応援します。