住む人も、訪れる人も、心和らぐまちへ

みんなで「遠州の小京都・森町」づくり

◆地域の資源(たから)をブランドに

産業振興

茶、レタス、スイートコーン、コメ、治郎柿など特産物のブランド化、6次産業化

特産品の海外市場開拓の支援

間伐の促進、FSC森林認証取得の研究

内陸フロンティアを活かした企業誘致

オープンデータ活用の検討

移住・交流促進

空き家を活用した人の誘致

自然と交通利便性を活かした優良田園住宅の取り組み

コンペによるモデル住宅「森の家」の研究

ICTを活用した情報伝達による観光振興


◆郷土(ふるさと)に学び、心の豊かさを育む

教育

森町について学び、郷土を愛する子どもを育てる

「心豊かな人づくり・夢づくり」の推進

地域の実情に合った学校運営

心身を育てるスポーツの振興

歴史・文化

伝統芸能の継承支援

歴史的・文化的資源の保全、活用

◆次世代を担う若者を呼び込む

移住・定住促進

都市の若者への空き家・移住情報の提供

移住・定住者への経済的支援

内陸フロンティアによる企業誘致で働く場を確保

空き家を店舗・オフィスに活用した企業支援

出産・子育て支援

森っ子出産祝い金の継続

待機児童ゼロの継続

カウンセリングなど精神的支援の充実

◆安心、安全な町で歴史をつなぐ

健康・福祉

森町病院を中心とした地域医療の充実

地域包括ケアシステムの推進

お達者度上位の維持(健康長寿の里づくり)

くらし

防災・減災対策の充実

ICTの活用による防災情報伝達の多重化

町営バス等、公共交通機関の再編整備

道路などのインフラ整備の促進


◆悠久の自然を守るやさしさ

環境保全

県による太田川濁水対策への協力・推進

森林河川の保全整備

公共下水、合併浄化槽設備による河川浄化推進

地球温暖化防止

太陽光発電の推進、太田川ダムでの小水力発電の取り組み

※文中の事業名・組織名等は仮称です。