幸せを感じられる森町を目指します!

 私は、「愛する森町のために働く」という志を立て、町議会議員として10年間、森町のこと、行政のことを学び、経験を積んでまいりました。

 いま森町の人口は、2万人を割って減少しています。人口減少は全国的な傾向ですが、森町にとっては重大な課題です。人口減少に立ち向かい、「誰もが幸せを感じながら住み続けられる森町」、「持続可能な地域づくり」を目指し、20年後、30年後を見据えたまちづくりに取り組んでまいります。

 働き盛りの56歳だから、長期的なビジョンに立ったまちづくりに全力投球できます。

 皆さまも、太田やすおとともに「夢のある森町」、「幸せを感じられる森町」をつくりませんか。森町を愛する皆さま、太田やすおにお力をお貸しくださいますよう、心からお願い申し上げます。

平成27年11月 太田康雄

小さな声も大切にします!

 現在の日本は、格差社会、ワーキングプア、心の病、子どもの貧困、老老介護などのことばを日常的に見聞きする社会です。

 私は、行政はそのような環境にいる人たちにこそ目を向けなければならないと考えます。

 その人たちのつぶやくような小さな声を大切にしたいと思います。

 声なき声に耳を傾け、見えないところに目を配りながら、「誰もが幸せを感じながら住み続けられる森町」を目指してまちづくりに取り組んでまいります。


女性の活躍を期待し、応援します!

  • 女性ならではの目線、感じ方をまちづくりに活かします。
  • 女性が活躍する場をつくります。
ダウンロード
マニフェスト
マニフェスト.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB